ホルミシス療法

ホルミシス療法(ラドン治療)

「大量の放射線は身体に有害だが、極少量では刺激となり、寿命をのばすなど身体に有益な作用を及ぼす」
Treatment of Cancer and Inflammation With Low-Dose Ionizing Radiation: Three Case Reports.
Kojima S1, Tsukimoto M1, Shimura N2, Koga H3, Murata A3, Takara T4.

放射線ホルミシス療法は患者の状態により様々な角度からのアプローチが可能であり治療の武器としてその有用性は高い。
放射線ホルミシス療法は他治療との相乗効果が期待でき、治療ベースにおける必須の治療法と思われる。
活性酸素の活動を抑制するためには、ビタミンCやビタミンEの摂取が効果的ですが、実は低線量の放射線には、それらとはけた違いの抗酸化作用があることがわかっています。人が低線量放射線に被ばくすると、体内の水分が分解され、瞬間的に大量の活性酸素が発生します。すると身体は、あわてて抗酸化系のスイッチを入れ、活性酸素に対抗しようとします。その結果、抗酸化酵素が次々に発生し、余計な活性酸素を除去してくれるのです。また、低線量放射線には、DNAの修復力を強化する効果もあります。DNAにはもともと、自己修復能力が備わっており、活性酸素などで多少傷つけられても、自力で治すことができます。(中略)低線量の放射線を浴びた場合には、かえってDNAの修復能力が高まることが、実験などによって確認されています。
40分 ¥48,000(税別)
(週2~3回を推奨しております)
(病気治療に期待できるもの)
神経痛、頭痛、慢性疲労、不定愁訴(更年期障害)、めまい、生理痛、花粉症、皮膚疾患(水虫を除く)、眼精 疲労、視力低下、白内障、緑内障、リウマチ、アトピー性皮膚炎、ぜんそく、慢性気管支炎、胃炎、胃潰瘍、過 敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、膠原病、糖尿病、間質性肺炎、肺気腫、クローン病、脳梗塞、てんかん、脳腫 瘍、転移性脳腫瘍、悪性リンパ腫、胃がん、乳癌、肺がん、肺がん、肝がん、胆がん、膵がん、大腸がん、直腸 がん、子宮がん、子宮頸がん、卵巣がん、等々・・